本文へスキップ

自由が丘・奥沢の米国公認カイロプラクターDr.さだくにまさしのクリニックです

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-6423-2123

〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5-24-17
 カーザ自由が丘104

自由が丘のDr.さだくにまさしカイロプラクティッククリニックです

新型コロナウイルス感染の影響を受け当クリニックも5月1日から予約サイトを凍結させ予約の受付を中止いたしました。更に5月7日以降の休業要請延長における東京都知事の「この1ヶ月は死活的に重要と判断した」という一言を受け5月31日まで完全休業することにしました。ご利用していただいております皆様方にはご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞご理解ご協力のほどお願い申し上げます。

ようこそ、米国公認カイロプラクター(DC)Dr.さだくにまさしのホームページへ。

懐かしい日本の情緒を保ちながら異国の風を感じる街・自由が丘。その不思議な空間にある“痛みの治療から癒しの施術まで網羅する”ロス生まれのユニークな本格派カイロプラクティッククリニック。
カイロプラクティックの本場、米国・ロサンゼルスで10年を越える豊富な経験・実績を持ち、米国医学知識をも備えたドクター(博士号及び元米国ライセンス保持者)による安全・安心面をも考慮した、丁寧且つレベルの高い治療。「子供から妊婦・お年寄りまで」の看板を掲げ、年齢・性別・人種を問わずプロまでもが通ってきた本物志向のクリニックは、プライバシー重視の完全予約制。

心地よい音楽が流れるゆったりとした空間の中、体のバランスを整えながら一人ひとりに合ったレベルでの無理のない治療・確かな技術を実感してください。

informationお知らせ

  • お願い

    リンク切れや見難い点などありましたら右の空飛ぶメールマークをクリックしてご一報ください。
  • ネット予約のシステムをホットペッパー・ビューティーのもに変えてみました。以前のものよりちょっとばかり複雑になったようなので、わからないことがあれば右の空飛ぶメールマークから相談してください。・・・と書いたものの、当クリニックと致しましても、まだ使い慣れておらず何らかの不備がある恐れがあります。何かありましたら空飛ぶメールでお知らせください。できるだけ早く対処させていただきます。宜しくお願いします。
  • 5月(皐月:サツキ:satsuki)ですね。

    5月です。。。未曾有の感染力を持つ新型コロナウイルスによる影響で世界的に大混乱になっていますが、皆様方はいかがお過ごしでしょうか?

     

    東京では5月6日以降も感染拡大を防ぐために外出自粛や休業要請が延期になってしまいました。でも、家の中に閉じこもってさえいればよいというわけではありません。感染しない環境を作ると同時に、2次や3次感染を防ぐ助けにもなるご自身の身体の抵抗力も上げておくことをお勧めします。

     

    自宅に籠って長時間過ごすと、運動不足による筋肉の硬直化が始まります。

    普段から運動などしてないけど?」と思われる方も少なく無いと思いますが、外出自粛になり家か出られなくなってしまった今であれば、通勤・通学中の道路や階段、電車やバス内の揺れ、自転車漕ぎなどがそのまま運動になっていたことに気が付かれることでしょう。

    私の中では運動するということは筋肉に呼吸をさせることと同意語になっております。

    筋肉の使い方には大きく分けて2種類あります。歩いたり物を持ち上げたりという身体を動かすために使う使い方と長時間立ちっぱなしや座りっぱなしという同じ姿勢や体勢を続けるために使う身体を固めるために使う使い方です。

    どちらも筋肉を使ってはいるのですが、その使い方の違いで一方は筋肉が呼吸できもう一方は呼吸ができない状態になってしまいます。

    身体を動かす筋肉の使い方だと、動きに伴い使われている筋肉が太く短く成ったり、細く長く成ったりを繰り返します。この動きがポンプの役目をして、筋肉中に酸素や栄養を多く含んだ新鮮な血液を取り込み、筋肉中に溜まった老廃物を吐き出します。これが筋肉の呼吸です。呼吸ができている筋肉は疲労物質などが溜まりにくく滑らかに伸縮することができます。

    一方、身体を固めるために使っている筋肉は、太く短くなったままか細く長くなったまま・・・つまり同じ状態を長く継続することになり、ポンプとして血流を促すものが無くなってしまい、筋肉の呼吸ができなくなってしまうのです。呼吸をしない使い方をした筋肉はその長さや太さを記憶してしまい、動きがぎこちなくなり緊張が解けない筋肉になってしまいます。

    ただし、動かすために使った筋肉でも「酷使」した筋肉というのは酸素や栄養を取り込んだ以上に使ってしまいます。その結果、筋肉の動きに滑らかさを失い痛みや緊張を持ってしまうので注意が必要です。

    このように、外出自粛で動くことが少なくいなってしまった身体には、呼吸がしっかりできていない筋肉群が多くなり、身体のバランスそのものが崩れてしまい、身体が不調気味になってしまうのです。

    家から出られないせいで体調に不具合を感じた時は、少しでも良いので身体を動かしてみてください。いろいろと工夫をして楽しみながら運動を取り入れることで改善されることも結構有ると思います。 

  • まめ知識 あまり知られていないことだと思いますが、顔や頭にも筋肉は有り、それらの筋肉もほかの筋肉同様に使いっぱなし、あるいは使わな過ぎだと凝りが溜まってしまい硬く動きにくくなってしまいます。今の時期のように明るくないニュースが多いとふさぎがちになり、動かさないあるいはこわばらせることでの筋肉的な負担も大きくなり、首や肩もコリが生じてしまいます。頭や顔、首の筋肉が凝り固まると頭痛がしたり、口が開けにくくなったり、顔がむくんだり、肩こりの原因になったりすることもあります。そのような症状が気になる方は当クリニックの 頭・顔・首のコース(60分)を一度試してみるのも良いと思います。
  • 5月の予定。

    5月は31日まで完全休業です。その先のことは現段階で未定です。フェイスブックページやホームページでお伝えして行きたいと思います。宜しくお願いします。

Dr. Masashi Sadakuni Chiropractic ClinicDr.さだくにまさし

〒158-0083
東京都世田谷区奥沢5-24-17 
カーザ自由が丘104
TEL 03-6423-2123

スマートフォン版